新着情報

歯だけでは噛み切れない「唇」の役割

2022.01.18

我々は食事の際、適量を噛み切り口の中に入れる。この動作の主役は「前歯」だが前歯だけではうまく適量を口に運ぶことはできない。パンのような固形物であれば問題はないが、みかんのような固形物など水分が含まれた食物は噛み切った時に、口の中から水分がこぼれる。これをこぼさないようにしているのが唇である。食物を噛み切る瞬間、多くの情報が脳に伝達され、とっさの判断で噛み切る量などを決めている。唇は、柔らかくて美味しそうなら多めの一口で、硬くて噛むのが疲れそうなら少なめの一口という具合に、これから噛むことを想定した振り分け作業を、人体の最初の扉で行っている。

投稿者:医療法人森岡歯科医院

救急車が来る前に私たちにできること

2022.01.14

1年間に約7万人、これは日本で突然心臓が止まり亡くなる方の人数である。

いつでも、どこでも、誰でも起こりうるということを知っているだろうか?

一般市民にAEDの使用が認められてから15年以上が経過した。

街中に設置されているAEDは65万台を超えている。

 

救急現場に出会ったとき

勇気をだして、自分のできることをやってみよう。

1 反応確認

大丈夫ですか」と声をかける

2 応援を呼ぶ

応援が来たら「119番に通報して」「AEDを持ってきて」と頼む

3 呼吸の確認

4 心臓マッサージ

5 AED

↓  クリックしてください AEDの説明が見れます

https://www.aed-life.com/information/use/

投稿者:医療法人森岡歯科医院

「新歯周疾患の分類」について

2022.01.10

1月8日土曜日、診療後17時半~我々の仲間で行っている勉強会に参加した。今年度より歯周病についてみんなで学んでいくことになった。第一回目は、約20年ぶりに改定された「歯周疾患の分類」についてのお話。アメリカ歯周病学会とヨーロッパ歯周病学会が中心となって、20年ぶりに歯周病の分類が改定された。今回は歯周病(ペリオ)に詳しい先生に新分類の特徴をわかりやすく説明して頂いた。新しく大きく変わった点は、「ステージ」と「グレード」によって疾患の状態を表現する方法に変更になったことである。「ステージ」は「進行度」を示し、「グレード」は「悪性度」を示す。医科にもステージⅣという言葉があるように、「ステージ」という言葉で患者に伝えるとわかりやすいかも知れない。次に「グレード」について説明しよう、例えば今まで中等度の歯周病と言われていたものの中にも、進行が遅いもの、変わらないもの、進行が早いものがある。これが「グレード」になる。だから初診で来院されての「グレード」の診断はできない。レントゲンを診て、5年前はこうであったなど、過去と比べてどうであるかが「グレードの診断」になるからである。今後もまだまだ改定されていくと思うが、我々が学生の頃学んだ用語も今は使われなくなっており、最先端の技術や治療法にもついていかなければならない。そのためには大学関係者など最先端を学んでいる歯科医師とも密に連携を取り学んでいかなければならない。

投稿者:医療法人森岡歯科医院

森岡歯科黒板1月号

2022.01.01

投稿者:医療法人森岡歯科医院

森岡歯科通信1月号

2022.01.01

投稿者:医療法人森岡歯科医院

歯のことなら何でもお気軽にご相談ください

京橋駅より徒歩4分にある
森岡歯科医院まで、お気軽にお問い合わせください。

新着情報一覧へ >

  • >サイトマップ
  • 京橋駅(大阪)で歯科をお探しの際はお気軽にお問い合わせください。©医療法人森岡歯科医院
pagetop